2007年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  | Top↑
2007.05.28 (Mon)

歴代ワンコのお話~その2~

昨日に引き続き、歴代ワンコ(猟犬編)です。
リリーが居なくなって、ポッカリ穴が開いたような気持ちになった父は
そのショックの大きさからか、次の犬を迎えるまで数年かかった。

さすがに、物心もついたワタシは
2代目ワンコを迎えるのが楽しみで仕方なかった。
可愛い子犬がやってくるのを期待したワタシはビックリ。
既に猟犬としての訓練を受けた成犬がやって来たからだ。

2代目猟犬 北海道犬の「ララ」女の子だ。
img006-2.jpg

この画像は、猟犬を引退した後で
のんびりと老後を送っている頃の1枚。
凄く可愛い!

日本犬特有の【飼い主命】な子で
父の事が一番好きだったけど、その家族であるワタシ達にも
とにかく優しい子だった。

実はララ、訓練期間中に訓練士を噛んだ過去があった。
そんな事は我が家に来て少ししてから聞いたんだけど
全く信じられない話だった。
噛むどころか、牙さえも見せた事が無かったし
唸る事も、滅多に吠える事も無かったからだ。

訓練士は父の古くからの友人で
娘達が一緒に遊んでいると聞いて驚いたそうだ。

どんな厳しい訓練をさせられたんだろうと
今でもそう思う事がある。
きっと何か耐えられない状態になったんだろう・・・。可哀想に。

猟犬としての働きと言うと
洋犬のリリーとは違い、自ら突進していくタイプだったらしい。
柴犬と秋田犬の中間くらいの大きさの犬種なのに
和犬魂は凄いようです。

冬はどんなに吹雪でも平気だったけど
夏は大の苦手。
庭に大きな穴を掘って涼んでいました。
そのララの落とし穴に何度落ちた事か。笑
凄く深く掘るんですよ。

ララはワタシが社会人になってから亡くなったので
ちゃんと全部覚えてる。
ララと過ごした日々の事を。

山で父と過ごす時間の事は知らないけど
家で、普通のワンコとして過ごしているララの事は忘れない。

頑なに室内で暮らす事を拒んだララ。
最期の日はみんなで家の中で過ごした。
15歳。
長生きしたよね?
いっぱい笑って楽しかったよね?

いつも静かに家族を見ててくれてありがとう。

こうして思い出し、たくさんの人に見てもらって
リリーもララも喜んでるよね~。


我が家の猟犬はこの2頭です。
後にも先にもね。
いつかまた機会があったら、また歴代ワンコの事を書きたいと思います。

ちょこくっきーにたどり着くまで
たくさんのワンコと暮らしてきました。
少しずつ、大切に記事にしたいと思います。
読んで下さってありがとうございました。




スポンサーサイト
EDIT  |  23:47  |  ちょこママの独り言  | TB(0)  | CM(8) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。